コワーキングスペースとは?メリット・費用相場・選び方などを初心者向けに解説

短時間のドロップインから長期利用に適したした月額契約など、自分の希望する使い方を選択できるのがコワーキングスペースの魅力です。
利用に掛かる料金は、都市部や郊外といったエリアの違い、契約方法で金額が変わります。
一般的な相場は1時間契約で500円前後、月単位でも2万円程度です。
設備を含めたスペースの使いやすさも場所によって異なります。
初心者は短時間契約から初めて、自分に合っているか判断することが大切です。

コワーキングスペースとは?メリット・費用相場・選び方などを初心者向けに解説

"

コワーキングスペースの利用におけるメリットの一つが、選択肢の多さです。
1日単位の契約はもちろん、短時間だけのドロップインなど自分の希望する使い方ができます。
利用を検討している初心者の中には、料金が高くつくのではないかと不安を抱く人も少なくありません。
エリアによって金額に多少の違いがありますが、コワーキングスペースは1時間当たり500円程度、1日契約でも1000円程度です。
月額契約でも平均2万円前後と少ない負担で利用できます。

"

コワーキングスペースとは複数の利用者が共同で使うオフィスのこと

屋根がないと建物の体を成しませんが、パソコン作業をするに当たり必要なのは机と椅子、ネット回線です。
逆に言えばそれがあればパソコン作業の出来る環境になるため、そこに多少の利便性を足したのがコワーキングスペースとなります。
これはそこに来た複数の関係ない人が、同じスペースを共同利用するオフィスの事で、登場から人気が集まっているのです。
会社ですればいいという指摘には、集まる人たちは会社に所属していない場合が多いから、という説明が出来ます。
つまり学生であったりフリーランスだったり、あとはサラリーマンが仕事とは別で副業にいそしむためのスペースがコワーキングスペースなのです。
家でそれらの作業がしにくい場合、あとは喫茶店か図書館を無理して使うしか有りません。
そこで、その需要を満たすためにコワーキングスペースが登場したのです。
するとそれを望んでいた人達が集まるようになり、今では都心部を中心に各地に多数登場しています。

コワーキングスペースはレンタルオフィスやシェアオフィスと何が違う?

喫茶店で作業をしていた様な人が、代わりに使う施設としてコワーキングスペースがあります。
一時的にスペースを借りて仕事をするという意味で、レンタルオフィスなどとの違いを疑問に思うのではないでしょうか。
こちらのオフィスは基本的に会社ごと働くイメージで、複数人がそれなりのスペースを借りて仕事をします。
年単位と比べると短期間ですが、それでも3か月や6か月は普通に利用するスペースとなります。
コワーキングスペースはそうではなく、それこそ個人がいきなり来て1時間から利用出来る場所なのです。
つまり会社っぽさがあるのがレンタルオフィスなどで、個人が使うシーンが多いのがコワーキングスペースと言えます。
その性質の違いから、会話のありなしも大きな差別化要素です。
会社では会話を禁止する訳にはいきませんが、個人が黙々と仕事をする場には会話は禁止の方が良いでしょう。
こういった要素をよく見比べた上で、利用を検討しましょう。

コワーキングスペースのニーズが高まっている背景とは?

コワーキングスペースのニーズが高まっている背景には、副業の許可が広まっているところと、ネット関連の仕事が増えている要素があります。
副業と聞くといくつも浮かぶ仕事があるかもしれませんが、ブログでのアフィリエイトなどがあるでしょうか。
パソコンを持っていれば基本的に初期費用が掛からない為、調べれば誰でも始める事が出来ます。
それを休日にやろうとした場合、出来れば集中出来る環境で作業したいと望むはずです。
その環境にコワーキングスペースは適していて、休日にはサラリーマンであろう人で溢れています。
運営側の理想としてはどの時間帯も混み合っていて欲しいかもしれませんが、勉強志向の主婦よりサラリーマンの方が多いため、こういった事になるのでしょう。
また、こういったスペースが存在していて通いやすいと知った場合には、勉強で集中したい学生も集まってきます。
需要としては図書かんと一緒ですが、もっと自由に座席が使えるという利点があるのです。

コワーキングスペースの利用に向いている企業や個人の特徴

コワーキングスペースを利用するのに向いているのは、基本的にはノートパソコン一つで作業出来るフリーランスです。
ライターが代表的ですが、ウェブデザイナーやデザイナーなども可能でしょう。
フリーランスは個人で開業している人の事で、自宅で作業してもいいのですが、それが集中出来ないというのは納得出来る人も多いのではないでしょうか。
どうしても娯楽があると集中出来ませんし、家族がいるならなおさらモードが切り替わりません。
元々喫茶店で仕事していた人が、コワーキングスペースというものの登場で移動してきました。
企業となると複数人になるので中々ないシーンですが、多少立場に融通の利く社員が、企画を練りに篭もるために使うのには非常に有用です。
会社の費用で落ちるかはその会社次第ですが、それも裁量次第、能力次第のところがあるため使っている人も多そうです。
どちらにせよ頻繁に電話連絡が必要な人は利用が難しいため、個人での作業だったりメールで済むようなものが向いています。

コワーキングスペースに関する情報サイト
コワーキングスペースの魅力とは

短時間のドロップインから長期利用に適したした月額契約など、自分の希望する使い方を選択できるのがコワーキングスペースの魅力です。利用に掛かる料金は、都市部や郊外といったエリアの違い、契約方法で金額が変わります。一般的な相場は1時間契約で500円前後、月単位でも2万円程度です。設備を含めたスペースの使いやすさも場所によって異なります。初心者は短時間契約から初めて、自分に合っているか判断することが大切です。

Search